アメリカのオバマ大統領が伊勢志摩サミットで訪日した際に被爆部分の広島をUSA大統領でいよいよ訪問することが決まったそうです。
USA国中を含めて様々な意見があるとは思いますが、あたしは「核兵器なき国々」を訴えノーベル太平賞を受けたオバマ大統領らしき英断です。
邦人の中には、原爆によって多くの生命が一瞬にして奪われた事象に対するお詫びを漁る考えの方もいるようですが、それでは今の昼、お天道様韓動機と同じようにぎくしゃくしたものになってしまうのではないかと危惧していらっしゃる。
戦後70歳上記がたち、被爆人の高齢化がすすむインナー、世界のボスでもあるUSA大統領の広島アクセスは再び行く先目標で考えるべきです。
核兵器の利用がどれだけ悲惨な実績をもたらしたのか、その事実をオバマ大統領にその目でじっと見て貰う事象自体が大いに大きな意味があるのではないでしょうか。
相変わらずテロや争いが絶えない中で、今回の広島アクセスが多少なりとも平和な世界の成就に陥ることを願います。ミュゼはなした